小胞体ストレス

小胞体とは細胞内にある膜構造の小器官で、細胞内で作られたタンパク質の原型を折りたたんで加工し、完成させるところです。膵臓のβ細胞はインスリンというタンパク質を合成し、分泌するのが仕事ですから、この小胞体がとても発達しています。この小胞体でのタンパク質の加工がうまくできなくなると、細胞内に不完全なタンパク質が貯まってしまいます。これを小胞体ストレスと呼んでいます。この不完全なタンパク質を排除する仕組みはありますが、過度、長期間に及ぶと排除しきれなくなり、不完全なタンパク質が周囲の環境に影響するのを防ぐため、細胞自体を壊してしまいます。(アポトーシス)

 

この小胞体ストレスはいろいろな病気の原因になるとされ注目されています。(ノーベル賞の話題が多い時期ですが、この小胞体ストレスの機序についても日本人研究者がかかわっており、ノーベル賞候補にもなっているようです)膵臓のβ細胞はとくに小胞体ストレスには敏感で、β細胞のアポトーシス(細胞死)は糖尿病を引き起こします。その原因として有力なのが飽和脂肪酸で、このことを脂肪毒性と呼んでいます。

 

糖尿病の食事療法において飽和脂肪酸の制限が世界中で推奨されているのはこのためです。

 

 

「Glucagon-like peptide-1 (GLP-1) 産生に対する小 胞体ストレスの影響の研究」という非常に興味深い論文がありました

 

GLP-1を分泌するL細胞にもまたβ細胞と同様のことがおこっていたようです。マウスの実験ですがパルミチン酸(飽和脂肪酸、動物性脂肪に豊富)が小胞体ストレスを介してGLP-1の分泌を低下させるというものです。さらにオレイン酸(一価不飽和脂肪酸、オリーブ油に豊富)はこれらの、パルミチン酸による小胞体ストレスやGLP-1産生抑制作用を抑制するというものでした。地中海式食事法のメリットをうらずけるような結果です。

 

この結果は肥満症のヒトにおける GLP-1 分 泌低下の一つの理由を示唆する結果であるとしており、動物性脂質を多く含む食事によって、 小腸 L 細胞において小胞体ストレスが生じ、GLP-1 産 生・分泌が減少し、糖尿病のリスクが増大する可能性を示唆するとしています。また、今 回マウスの検討から、8 週間の高脂肪食負荷により GLP-1 分泌が減少していた。しかし血中のインスリン濃度は、空腹時およびグルコース経口投与時において、コントロー ル食群に比べて増加しており膵 β細胞の減少が始まる前から小腸において負荷がかっている可能性が示唆された。この結果は、糖尿病の発症メカニズムにおいて GLP-1 分泌減少が早期に起こり、その結果、膵β細胞の小胞体ストレス緩和作用が減少している可能性が考えられるとしています。

2019年10月9日 | カテゴリー : 糖尿病 | 投稿者 : suzukinaikaC

再度「糖尿病はグルカゴンの反乱だった」本の意義

グルカゴンの反乱の本に対する評価は、立場によってかなり違うようです。もう一度僕の見解をまとめておきます。

 

1 日本においては麦飯を食べていた戦前は糖尿病はまれな疾患であった。麦飯を食べなくなった1955年から1965年の時点から、糖尿病の有病率が増加した。そして、麦飯を強制的に食べさせられる環境(刑務所)に置かれた糖尿病の人は、8割の高確率で改善がみられる。

 

2 大麦に豊富な水溶性食物繊維であるβグルカンをある量、ある期間(3から6g、4週間から12週間)人に食べさせる臨床実験が近年すでに数多くなされており、耐糖能の改善に有効であることが証明されている。

 

3 βグルカンから腸内細菌の働きによって短鎖脂肪酸がつくられ、この短鎖脂肪酸が大腸のL細胞からGLP-1の分泌刺激となることがわかったのは最近のことである。以前は小腸下部のL細胞でおこるGLP-1の放出に焦点が置かれており、これをインクレチン効果と呼んでいたが、大腸におけるL細胞に関してはその役割ははっきりしていなかった。この部分は腸内細菌やβグルカンの研究者の果たした役割が大きい。セカンドミール効果の主役は大腸のL細胞である。

 

4 糖尿病の治療薬としての観点からGLP-1自体の研究も進み、その多様な役割がはっきりしてきた。より少ないインスリン量で血糖をコントロールするためにGLP-1が重要となる。

 

ここまでが本を見る前に知りえた事実でした。

 

5 最後にグルカゴンの反乱の本に書かれていたことが、決定的であった。この本の著者は水溶性食物繊維に焦点を絞るべきことには気づいていない。しかし、GLP-1の分泌を増やすことによって、通常状態にグルカゴンを制御できれば、かなり進行しインスリン分泌が落ちてしまった糖尿病の患者においても血糖をコントロールできうる可能性に対し理論的な根拠を与えてくれたのは大きい。

ネズミの実験が多いとか、人のデータが少ないという反論に対しては、1、と2の視点から見ればすでに十分あるのである。

また、グルカゴン自体は悪くないのではという批判もあったがそれも的外れであり、だれもグルカゴンを過度に抑制すべきとは言っていない。異常分泌がコントロールされるべきでそれにはインスリンだけでなく、GLP-1が深くかかわっていたのだ。

 

6 つまりグルカゴンの反乱の本の位置づけは理論的な仮説というより、すでに確認されていることの理論的な裏付けになっているのである。そしてそのことは本の著者も気がついていないようなのだ。ここが勘違いされる点である。

2019年9月24日 | カテゴリー : 糖尿病 | 投稿者 : suzukinaikaC

大麦パンケーキ

今朝の朝食。大麦のパンケーキで卵サンドとバナナサンド。バナナサンドにはメープルシロップもかけてます。あとはダイシモチパフのヨーグルトパフェ。糖質量は全部で60gぐらいかな。これだけ食べても血糖最大値でも135まででした。βグルカンはパンケーキで1.4gダイシモチで1gぐらいで合わせて、2.4gになります。だいたい一食当たり2から3g取れれば、糖質量が増えても血糖の上昇が自分の場合抑えられます。なにより大麦粉のパンケーキ、もっちりしていておいしいです。血糖値やインスリン分泌が気になる方におすすめ。大麦は血糖値を抑えるだけでなく、インスリン分泌も少なくて済みます。

 

そもそも、糖質制限というのは血糖のスパイクを抑え、インスリンの分泌を少なくするのが目的だったはず。大麦食べればそれが可能になるのがはっきりわかったので勧めているわけです。足りなかったのは水溶性食物繊維で、糖質量は関係なかったのはもうはっきりしている。

 

いつの間にか糖質制限は最初の目的を見失い、糖質制限自体を目的とした人たちがたくさん増えてしまった。彼らに大麦食べればいいといったところで、なんでそこまでして糖質をとらなければいけないの?といわれるだけだろう。今や、糖質制限が正しいということを正当化する論理にしか興味がないようだ。もう血糖やインスリン分泌量を抑えることはどうでもいいのかな。

 

糖質控えすぎて糖新生に頼り、タンパク質を必要以上にたくさんとってかえってインスリンの必要量をふやし、朝の血糖値を上昇させ、ちょっとの糖質で血糖値が上がる状態が日常的になって、さらに糖質を恐れるという状況になるひとも多い。この不自然さをやり方や筋肉量が足りないせいだとか、その人個人の問題であって糖質制限が間違っているのではないというのなら、もう議論する余地はない。

 

2019年9月20日 | カテゴリー : 大麦 | 投稿者 : suzukinaikaC

糖尿病の血糖コントロールに対するβグルカンの有望な効果

グーグルの翻訳機能を使えばざっと見て理解できると思いますが、近年になって糖尿病に対してオーツ麦と大麦のβグルカンの効果が注目され、多くの研究がされていることがよくわかる論文です。

 

2型糖尿病に関する効果をみると、ある程度の期間と量の継続が必要であることがわかります。

 

いくつかの論文からまとめると効果をだすのにおおむね4週間から12週間は必要で、βグルカンの一日量が最低3gから6gは必要だということになると思います。

 

興味深いのは、長期介入試験で効果がなかったというものもあったのですが、それは一日3.5gのβグルカン強化スープを2か月とってもらうというもので、βグルカンだけとっても意味がないのを裏付けるものになっていました。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0924224418307489?fbclid=IwAR24HUVIsigEyVwh5nsufQAxoMLOb9q_9ccPTqOXn4cmpJDFMMh6XMg5mqg#bib8

 

2019年9月18日 | カテゴリー : 大麦 | 投稿者 : suzukinaikaC

糖尿病の食事療法のセンターピンは大麦だ

海外では今まで全粒穀物から食物繊維をとることが重要という表現がされていましたが、ここ数年前からは大麦に焦点をしぼってきた論文がかなり増えてきています。

 

その中で、やはり大麦のグリセミック指数がすべての穀物の中で一番優れていることや、βグルカンの効果が特に強調されており、糖尿病患者に一番推奨されるべき穀物としての評価を確定させようとしつつある感じがします。

 

二型だけではなく、一型糖尿病患者に大麦と従来の糖尿病食を食べる群に分けて、インスリンの必要量や血糖コントロールの状態などを調べる比較的長期の試験なども去年から行われていて現在進行中のようであり、来年には結果が出るようです。

 

近い将来、糖尿病の食事療法のセンターピンは大麦だといわれるようになるのではないかと思っています。

2019年9月17日 | カテゴリー : 糖質制限 | 投稿者 : suzukinaikaC

糖尿病に対する麦飯の効果について

糖尿病の患者さんたちにオートミールや麦飯をすすめ、一か月後の結果が出てきています。

 

ある程度予想はしていましたが、糖質制限をすすめた時とは違いほぼ全例でA1cが改善するようなことはおきていません。A1cだけで言えばやや悪化した人のほうが多く、横ばいの人、少し改善した人もいて結果はまだバラバラです。

 

まだまだ、例えば朝食でとっていないとか、大麦の割合が少なすぎたり、わかってもらったと思っていても、間違ったやり方をしていたりするので、まだ評価できません。

 

糖質制限をしたことがあって、糖質制限はつづかなかったものの、無意識でも糖質はそれなりに控えて血糖をコントロールしてきた人は、GLP-1の分泌能が落ちている状態で、糖質量を積極的に増やせばA1cの短期的な悪化は仕方ない部分があるとは思っていました。腸内細菌の変化には最低でも2,3週間はかかります。

 

それでも、空腹時血糖が今までになく下がった人などが出てきていて、改善の兆しはあります。また、かなり糖質量を増やしているのに、横ばいの人も意味があると思います。何より、患者さん自体がしっかり糖質をとれることでの腹持ちの良さや、満足感を体感できているので、あまり不安は感じていません。

 

アルバイト先での外来で今まで食事に関してあまり節制もしていなかった糖尿病の患者さんについては、麦飯導入でA1cは下がっています。

 

どれぐらいの経過でA1cが改善していくのか、まだ未知の部分はありますが、経過はいづれにしろ報告しますので、積極的な糖質摂取に不安を覚える糖尿病の方はそれを見極めたうえで判断されてもよいと思います。

 

何にも考えずに薬だけ飲んでた糖尿病の人は、麦飯で悪化することもなく普通にA1cの数値がよくなってる。それなりに節制して来た場合に、最初は数値的には悪化しやすい。ここをどれくらいで乗り越えられるかをはっきりさせることができるかどうかがポイントになるはず。

 

糖質の過剰ではなく、食物繊維の不足が問題

食後の血糖値のスパイク、インスリンの過剰分泌や食後の眠気、そしてそのあとの急激な血糖低下による空腹感からの間食、中毒性のある頻回摂取などによる体重増加など、糖質制限では糖質の過剰を問題にしました。炭水化物の摂取を控えることは、一時的には功を奏します。

炭水化物=糖質+食物繊維


しかし本質は糖質の過剰ではなく食物繊維の不足によるインクレチン効果の低下であって、その証拠に十分な食物繊維と同時に糖質をとれば、最初に述べたすべての症状はおきません。これは麦ごはんを水溶性食物繊維豊富なおかずとともに食べてみればすぐに理解できることです。糖質量は関係ありません。

糖質制限とは糖質量を問題にして、炭水化物を控える食事法です。結果的に食物繊維の摂取量を減らしてしまったため、徐々にその弊害が出てきてしまいます。一番は食物繊維を利用する有用な腸内細菌叢を減らしてしまうことによっておきてきます。特に日本人は炭水化物の中の食物繊維をうまく利用することで、少ないインスリン分泌能で効率的に糖質をエネルギー源として利用してきたのでなおさらです。

糖質の過剰ではなく、食物繊維の不足だった。この裏表の関係は、インスリンとグルカゴンにも当てはまりました。血糖値が上がってしまうのはインスリンが分泌されていても利きが悪いのではなく、グルカゴンが抑制されていなかったためです。ここにおいても、問題は糖質過剰でなく、食物繊維の不足によるGLP-1分泌不足の方だったわけです。

2019年9月11日 | カテゴリー : 食物繊維 | 投稿者 : suzukinaikaC

全粒穀物について

米国糖尿病学会や米国農務省などをはじめとする多くの機関が、全粒穀物の健康効果についてエビデンスが高いと認識し、推奨しています。

野菜も健康には有用な食品ですが、野菜から食物繊維をとることが糖尿病の予防になるかについては証拠は示されていません。糖尿病予防について科学的根拠がはっきりしているのは穀物由来の食物繊維穀物をとることの有用性なのです。

 

この全粒穀物とは具体的に言うと玄米や全粒小麦でできたパンやパスタ、オーツ麦(オートミール)などになります。

 

精麦された大麦は、正確に言えば全粒穀物とは言えなかったためか、言及されないことも多かったのです。

しかしながら大麦は精麦したあとでも食物繊維の量は他の全粒穀物と比べ全くそん色なく、水溶性植物繊維(βグルカン)の量で言えば最も優れているといってよい特別な穀物なので、特に日本では全粒穀物以上に推奨されるべき穀物です。

麦飯カレー

高木兼寛という人をご存知でしょうか?明治の初め英国に留学した後、海軍の軍医となり、脚気の予防に麦飯を取り入れ、脚気の撲滅に多大な貢献をした人として知られています。その説に反対した陸軍の軍医であった森林太郎(森鴎外)は日露戦争において、麦飯を採用した海軍とは違って、多くの兵士を脚気で失ったというのは有名な話です。

 

またこの人は、日本にカレーライスを広めた人としても知られています。英国海軍のシチューとパンを日本人むけに小麦粉でとろみをつけたカレー風味にし、パンのかわりに麦飯にかけて海軍の定番料理としたわけですが、この味を覚えた兵士たちが家庭でもその味を再現して食べるようになって広まったということです。日本のカレーライスの元祖は麦飯カレーであったわけです。

 

彼が設立した成医会講習所がのちの東京慈恵医科大学であり、今この大学の先生方が大麦の有用性を精力的に発信しているのを知って、妙に腑に落ちた気がしました。

2019年9月9日 | カテゴリー : もち麦, 大麦 | 投稿者 : suzukinaikaC

ダイエットのコツは糖質をしっかり摂って代謝を落とさないこと

糖質はガソリンで水溶性食物繊維はガソリンタンクに給油するときのノズルみたいな役わりをする。このノズルがないと給油中にガソリンがこぼれてしまうので効率がわるい。

 

たくさん注ぐとすぐに周りにこぼれてしまう。そのこぼれたガソリンは体脂肪になる。でもタンクの中はいっぱいにはならない。

 

少しずつ注ぐなら、こぼれる量は少なくはなるが、やはりガソリンタンクをいっぱいにできないのですぐにガス欠になってしまい、補給を繰り返す羽目になる。

 

ガソリンタンクが満タンでないと、車は常にエコモードになっており、出力はセーブされるようになっている。

 

大事なことはノズルを使ってしっかりと給油すること。朝はガソリンタンクが夜の間に使われて半分ぐらいになっていますから、朝の給油が一番大事。人のガソリンタンクは半分ぐらいになると、もう給油ランプがつくようになっている。

 

一回の給油で必要なガソリンの量など気にする必要はない。満タンまで入れればよい。こぼれないガソリンタンク内のガソリンはエネルギー源となり、体脂肪になることはないのだから。

 

もちろん満タン以上に注げばあふれてくる。その時は気がつくので、気づいていても注ぎ続けない限り(お腹がいっぱいなのに食べ続けない限り)実際そんなことはおきない。

 

そんなたとえ話を今日来た患者さんたちにしました。初めて聞く人もわかってくれたみたいです。もちろん、すべてを説明するモデルとしては全然不完全ですが、しっかり糖質をとることの重要性はイメージしやすくなるはずです。

さらに言うと人のガソリンタンクは肝臓と特に筋肉なんだけど、容量が変化して結構余計に詰め込めるようにできます。体脂肪は予備タンクでハイブリッドな仕組みがあります。

 

糖質のガソリンタンクを何時も満タンにしていたら、今太っている人はいつまでも痩せられないんじゃないかと考えた人いると思いますが、大丈夫です。痩せられます。

 

人のエネルギー源は糖質だけではありません。そうです脂質も利用します。

 

安静時においては、体の方は脂肪酸優位にエネルギー源として使っています。脳は糖質が中心です。あとは強い運動時など糖が使われるわけで、糖質と脂質の利用割合は活動の割合で変化しますが、そもそも糖質と脂質はエネルギー源としてはお互いに補うことができるとはいうものの別のエネルギー源であり、糖は糖、脂質は脂質として利用されるもので、どちらかが不足した場合や過剰だからといって、例えば糖をわざわざ脂質に変えて蓄え、それをまた糖にもどすなんて、エネルギー的に無駄なことは体は本来できるだけしたくないわけです。

 

太りすぎの人は特に食事での飽和脂肪酸の摂取を控えめにすれば、糖質をしっかりとっていても(例のノズル、水溶性食物繊維を使ってですよ)、日常に必要な脂肪酸の不足分は体脂肪からすこしづつ使われていきますから、ゆっくりですが体重は減っていきます。この場合、せいぜい一か月に1㎏ちょっとの減少なので確実に継続する必要はありますが、一番無理がない痩せ方ができます。

 

有酸素運動では使ったカロリーのうち糖質の割合がどうしても多く、それはその都度補わなければなりません。結局使った脂質量は大した量にはならないのが、運動でやせるのは難しい理由の一つです。また特にダイエットのために運動している人は糖質を補うことが足りなくなりがちなので、代謝を逆に運動で落としやすくしてしまうと思います。

 

どうも糖のガソリンタンクにセンサーがあってここが常に少ないと体はエコモードになるようにできているようです。糖質制限でLowT3になりやすいのはそのためです。エコモードにしないため、糖質は例のノズルを使ってしっかりタンクを満タンにしておけば、自然に脂質の摂取を控えるだけで体脂肪を落とすことが可能となります。