鈴木内科クリニック・鈴美館

鈴木内科クリニックは、漢方外来、生活習慣病外来、疼痛外来、感冒外来のクリニックです。

TEL:099-278-5797 FAX:099-278-5796

〒899-2702 鹿児島県鹿児島市福山町193-1

ブログ

耐糖能を改善させるために

耐糖能が低下してしまった人が耐糖能を改善させるための方法は、当然のことですが治療食ですので極端といえば極端であり、また中途半端ではうまくいきません。

糖尿病学会が勧める炭水化物と脂質の割合は60%と25%ですが、これは標準的な和食が基準となっており、このレベルでは低脂質とはいえません。

これでは全く不十分であったようです。

したがって中途半端で効果が出なかったため、血糖コントロールだけが目的化し、薬物治療に重点が置かれたため、合併症の進行を防ぐことが難しかったのだと思います。

その中で、糖質制限は対症療法としてであっても、確かに従来の糖尿病の食事療法よりはメリットがあったと思います。

しかしながら最近の研究成果で、糖尿病の本質的な原因が脂質にあることが明らかになりつつあり、そして脂質割合を10%前後にまで控えた低脂質食が、実際に臨床的に糖尿病に効果があることが証明されている以上、あとは個人差や病歴の長さによってどこまで改善するかまだはっきりしていないことはありますが、対症療法の糖質制限より根治を目指す食事療法を選択するのは当然のことではないでしょうか?

すべての糖尿病の人が可能であるとはもちろん考えてはいませんが、糖尿病はコントロールするという時代から、すみやかに治すという時代に今後変わっていくかもしれません。

糖質と脂質の二つが過剰になって代謝の異常がおきているとき、糖質を控えることはどちらも過剰なままよりはましでしたが、本来控えるべきは脂質の方であったというのが、今の自分の見解です。

 

「低炭水化物ダイエットへの警鐘」

昨年、「低炭水化物ダイエットへの警鐘」という本からコリン・キャンベルを知り、気にはなっていたのに、なぜか手に取ることを避けていた「チャイナスタディ」を読んでから、低脂質、高炭水化物、高食物繊維の食事(プラントベース、ホールフード)の食事が、アメリカで糖尿病、高血圧、肥満といった成人病の治療において結果を出して注目されていることを(たいへん)遅ればせながら知りました。

さらに、「Reversing Diabetes」のニール バーナードの糖尿病の患者への結果や、「Prevent and Reverse Heart Disease」のコールドウエル・エセルステインの冠動脈疾患への驚くべき臨床結果などにも衝撃を受けましたし、他にも、「Eat to Live」ジョエル・ファーマンや「The starch solution」ジョン・マクドゥーガルなども知り、これらのこの分野を引っ張る研究者たちから大急ぎで知識を得ようとしている最中です。

もっと早く知っておくべきでした。

興味のある方はぜひ調べてみてください。

糖質制限は対症療法

バイパス手術もできない、末梢の冠動脈の高度の狭窄が、高糖質、高食物繊維、低脂質の食事療法で見事に改善する例などが提示されているのを目の当たりにすると、「高糖質の記憶」などといって糖質制限する以前の病変はもはや改善することができないのは仕方ないといわんばかりの表現は、糖質制限が対症療法にすぎないことを完全に表しているとしか、もはや考えられない。

 

動画はコールドウェル・エセルスティン博士

https://youtu.be/EqKNfyUPzoU?t=375

加世田サイクリングロード

加世田サイクリングロードからスタートです。とっても気持ちいい天気になりました。

今日はビアンキでのんびりツーリング。指宿まで行ってきます。

本質的な原因を理解する

Dr Fung のホルモン肥満仮説では、間食の頻度が増えたことがインスリン優位の時間が常に続くことにつながり、そのホルモンバランスの異常がインスリン抵抗性の原因となり、つまり肥満の原因となるというものでした。

そして間食が増える原因は栄養のない食べ物と過度に精製された糖質の依存性によるものだとしていました。

つまりインスリン抵抗性の原因はインスリンそのものとしているわけですが、これは間違っていると思います。

過食の原因は食べ物の選択にあることは間違っていませんが、本質的なことは糖質代謝が障害されていることによるエネルギー不足にあるという視点から見れば、間食の頻度が増えたことは結果であって原因ではない。したがってインスリン優位のホルモンバランスの崩れも結果であって原因ではありません。

砂糖の依存性が強くなるのも、糖質代謝の異常に伴うエネルギー不足がその根底にあると考えれば、砂糖自体が間食を増やす本質的な原因とは考えられないのです。

原因と結果がぐるぐる回って、増幅するのでわかりにくいのですが、本質的な原因をしっかり理解していないと、対症療法的な結果しか得ることはできません。

ホルモンバランスの乱れも結果であるならば、ホルモンバランスを調整するための間ファスは本質的な治療にはなりません。

砂糖を絶っても肥満は治らないのも、砂糖が本質的な原因ではないからです。

もちろん糖質過剰摂取を原因として行う糖質制限も違います。

すべて対症療法です。

原因を知らないまま行う対症療法は、よくなったように見えてかえって事態を悪化させていきます。

逆に原因を知ったうえで行うのであれば、対症療法も必要な場合もあります。

エネルギー不足をきたす代謝異常の本質的な原因はやはり脂であると考えると、いろいろなことがすっきりと説明されていきます。

これは仮説ではありますが、それを裏付ける臨床結果が海外ではすでにたくさん報告されています。

ローカーボの研究者たちはそれを無視しており、残念なことにDr fungも例外ではなかったようです。

果糖(砂糖)を絶っても・・・

果糖(砂糖)を絶っても糖尿病は治りません。

治らないのは果糖が糖尿病の本質的な原因ではないからと考えるのが自然です。

治らないので砂糖以外の他の糖質も控える糖質制限に対症療法としての意味はあります。

意味はありますが糖質制限ではやはり糖尿病が治らないのは同じことです。

糖尿病の本質的な原因は脂の方であるということに視点を変えた立場でどこまで糖尿病が改善できるのか、大きな方向転換を受け入れていただいた患者さんとともに道を探していくことになります。

糖質制限の最大の盲点

糖質制限の最大の盲点は、糖質を悪者にすることによって、耐糖能の改善という本質的な問題を無視してしまったことにあります。

確かにかなりの肥満状態ではそれ自体がインスリン抵抗性の原因になりますから、脂質代謝優位にして体重を減らすことは、インスリン抵抗性に対してそれなりに効果があります。

しかし同時に、脂質が耐糖能を悪化させるデメリットに相殺される部分もかなりあり、治療法としては矛盾しています。

さほど肥満でないレベルにおいてはデメリットの方がおおくなり、糖質制限で耐糖能は悪化しますから(生理的にも本質的にも)、糖質を悪者にしてケトン体に依存するしか説明できなくなります。
 
 耐糖能の改善策として、高糖質、高植物繊維、低脂質がポイントになります。これにより耐糖能が改善し高インスリン状態による様々な病理状態が改善するという臨床報告がすでに多数あるにも関わらず、それを無視している点は海外のケトジェニックの研究者も同じです。

 耐糖能が改善しさえすれば、食後の高血糖もなくなり、空腹時インスリンレベルや食後のインスリンの分泌も少なくて済みますので、脂質代謝にもスムーズに切り替わるようになりいいことずくめです。

糖質を悪者にする理由はありません。

 ケトン体が心筋を保護するという説には疑問を持っています。節約モードにおいて心筋はケトンを利用するでしょうが、糖を利用する場合に比べ収縮力は落ちるはずです。癌にならなかった長寿者の場合、最後はどの段階で心不全になるかで寿命が決まることが多いのではないかと思われ、そのとき決め手となるのは糖をどこまで有効に使えるか、つまり耐糖能ではないでしょうか?(ここの部分は単なる仮説ですが)

 糖という(素晴らしい)エネルギー源を使うエンジンを、まだ十分使えるうちに放棄してしまうのはあまりにもったいないことだと思います。

代謝の改善、栄養の改善

代謝の改善を優先するべきなのか、栄養の改善を優先するべきなのか、これは人によって違うのではないかと思います。

代謝(糖代謝)の改善が優先するときには、菜食中心の食事が効果的であり、栄養状態の改善には肉食にシフトすると効果的です。

昔の日本人が菜食(穀物食)中心で体力も持久力もあったのは、代謝が良かったからでしょう。

しかし、栄養状態は良かったとはいえず、それは死因の一位が血管が破れる脳出血であったことなどからも推測されますし、戦後の日本人の寿命が延びたのも肉食中心(脂)の欧米型の食事になってきたからだという説も間違ってはいないと思います。

ただ、過度の脂が糖質代謝を悪化させ、過度の栄養による肥満や糖尿病といった病気を新たに増加させることになってしまいました。

ですから菜食中心の食事にも弱点はあるわけです。人は動物を食べなくても生きていけるという菜食主義の主張もわかるのですが、やはり人類は進化の過程で肉食を取り入れて脳を発達させてきたことは間違いないと思うのです。

しかし、同時に安定した糖の供給という意味において、進化の過程で穀物もこれまた重要であったことに変わりはないということなのだと思います。
どちらかが正しければ、どちらかが間違っているという考え方をやめて、両方正しく両方必要であったと考えた方がずっとわかりやすくなります。

糖をしっかり燃やせる状態

本質は糖代謝の異常であって、糖質ではないという立場から見れば、過度の糖質制限がむしろ糖代謝を悪化させる原因となる(エンジンが錆びつくよ)のは当たり前となり、糖を適度に控えるローカーボにも問題があることがわかります。

出力の落ちてきた(耐糖能異常)のにあわせてガソリンの供給(糖)を控えるのはもっともな話なのですが、そもそもの原因は質の悪いガソリン(水が混じったガソリンだ)を入れたこと

。この場合の水とは実は脂のことです。

ガソリンタンクの水抜きを優先した方がいい。

ローカーボの問題点は、この本質的な問題を考慮していないことにあり、むしろ脂の量を増やすことを勧めています。

低糖質スイーツと呼ばれるような加工食品がいい例です。
 人は個人差はあれ、年とともに耐糖能は落ちていきます。しかし、長寿のお年寄りは甘いものが大好きな方が多いようです。

それでも長寿なのは耐糖能が素晴らしいからなのでしょう。

長寿者はおしなべて加工食品(質の悪い脂がおおい)の摂取量が少なく、糖をおやつなどでとっていることが多いようです。
 子供に対しては耐糖能を悪化させる食事の仕方をしないように教えることが、将来にわたって役に立つ大切な食育となるはずです。その場合、大事なことは例えば朝食で糖をしっかりとることであったり、質の悪い脂の多い加工食品を避けることを教えることでなければならないはずです。子供は素晴らしい耐糖能をもっています。

子供には糖質を控えめにすることより、糖質をしっかり燃やせる状態を維持することの方が大事だと思います。

視点を変えてみよう!

視点を変えてみよう!

糖質代謝が悪くなり、様々な問題が出てきているとき、糖質が悪いという前提に立てば、低糖質な食事を勧めることに何の問題もありません。

しかもすぐに効果も見られます。

しかし、これが仮に正しいとしたら、なぜ多くの人が糖質制限を続けられないのでしょうか?

なぜ糖質制限でいろいろな問題が出てくる人がいるのでしょうか?

これらの疑問に対し、もちろん様々な答えはあります。それはたくさん見てきました。

しかし、その答えは糖質が悪いという前提のものです。

Dr Fungですら、糖質そのものは悪くはないとしながら、過剰な糖質が悪いという立場には変わりはありませんでした。

なぜ、糖質が過剰になるのか、それはやはり糖質自体に中毒性があるからとしかDr Fungも考えていないのです。

過度の加工や精製度を理由にしていますが、やはり悪いのは糖質ということになっていることには変わりはありませんでした。

視点を変えるとは、糖質代謝の悪化の原因は糖質ではなく,脂であるという立場に立って考えるということです。

こちら側から、いろいろな現象を説明してみるとどうなるかということです。

絶対に視点を変えようとせず、自分の立場からしか反論できない糖質制限の指導者たちのいうことをうのみにせず、自分の頭で考えてみてください。