患者さんの経過

7月20日に紹介した患者さんの続報です。

 

前回の内容は次のとうり

 

アルバイト先の外来で一か月前に診た患者さんなんですが70歳代の女性で糖尿病。HbA1cは7.8で徐々に数値は上がってきている傾向が続いています。オートミールは食べたことないということだったので、麦ごはんが糖尿病にいいよと勧めました。一か月たってHbA1c7.2になり、改善効果がみられたのでどれくらいの頻度で食べているのか尋ねたところ、なんと100%もち麦で(白米と混ぜずに)食べていたそうです。驚いたのは慢性的な足の痛みがあったのが、半分以下に減ったのがとても嬉しい、いいことを教えてもらってありがたいと感謝されたことでした。

 

今日、外来受診されています。

 

もう少し情報をつけたしますと、糖尿病歴は15年、当初はHBA1c6.5から4年程して7台になる。

今年に入って7.5から7.8の間。

空腹時血糖値は高めで、一年前、カロリー制限を頑張って6.9までさげたときでも、130台が限界。毎回140台から180台くらい。

HOMA βは16で、インスリン分泌能はそれなりにおちているが、肥満体型はかわらず、最近も増えていた。

 

前回A1c7.2 血糖値129 でしたが今回もA1c7.0 血糖値119と改善中 。

 

体重は1カ月でマイナス1kg。空腹時血糖がこんな数字になったことに、びっくりされていました。麦飯は7割にしたというので、5割にして、継続してもらうことにしました。食欲もおちついてとても楽、嬉しいと感謝されました。

 

しっかり食事指導し始めたのは8月からなので、他の患者さんのデータがそろうのはもうすこしかかります。7月の時点では、まだ不完全な指導できちんとできている人がまだまだいませんでした。それでも、改善傾向はみられてはいますので、手ごたえはあります。

2019年8月28日 | カテゴリー : HBA1c, もち麦 | 投稿者 : suzukinaikaC

プラントベースホールフードは患者さんがやってくれなかった

ニールバーナード博士のプラントベースホールフード(PBHF)での糖尿病への効果をみたHBA1cの改善のグラフでは、初期には効果がみられてもやはり数年たつうちに徐々に戻っていく傾向がみられました。これでは、糖質制限と大差ありません。

 

大量の糖質摂取しながらでも、HBA1cが改善すること自体は、糖質制限の理論が絶対でないというよい証拠になりましたが、PBHF自体もどこか本質とずれていると常に考えていました。ずれているから、どちらもある程度効果があるものの長期的には継続可能な現実的な食事とはなりえないと思ったのです。

 

今の一つの答えは、食物繊維としての絶対量のみ強調されたため、かなりの量をとらないと実際には一番肝心な水溶性食物繊維が足りていない場合が多くなり、継続性と効果のバラツキという問題が生じていたことが一つ。

二つ目はやはり理論的には可能でありますが、現実的にはタンパク不足が生じやすく、さらに過度の低脂肪の食事はやはり継続することが難しかったからではないかと考えました。

 

飽和脂肪酸を少なくすることは重要ですが、かといってそれは本質ではないと今は考えています。

 

とにかく、実際の臨床においては、理想的な食事ではなく現実的な食事内容でなければ、患者さんは継続できません。

 

それが朝のオートミールや麦飯にまず焦点を絞った理由です

2019年8月17日 | カテゴリー : HBA1c, 糖尿病 | 投稿者 : suzukinaikaC

脂質制限,高糖質、高植物繊維に切り替えて・・・

自分のHBA1cの推移です。2013年に糖質制限を開始しています。13年のデータは見つかりませんでした。

毎年5月の検診時のものです。

2014年から2018年まで、5.4 5.7 5.7 5.6 5.7 でした。

今年5月ぐらいから脂質制限,高糖質、高植物繊維(そんなに厳密ではありません。お肉もちょこちょこ食べています)に切り替えて先日3か月以上経過したので採血してみたところ、5.4でした。

ちなみにLDLコレステロールの経過もこの順番で、150 180 150 144 141 120です。ほぼ予期した方向の結果が得られました。

糖質制限は2017年秋にはやめていますが、それだけではA1cは変りませんでした。

2018年9月10日 | カテゴリー : HBA1c, 糖質制限 | 投稿者 : suzukinaikaC