糖尿病に対する麦飯の効果について

糖尿病の患者さんたちにオートミールや麦飯をすすめ、一か月後の結果が出てきています。

 

ある程度予想はしていましたが、糖質制限をすすめた時とは違いほぼ全例でA1cが改善するようなことはおきていません。A1cだけで言えばやや悪化した人のほうが多く、横ばいの人、少し改善した人もいて結果はまだバラバラです。

 

まだまだ、例えば朝食でとっていないとか、大麦の割合が少なすぎたり、わかってもらったと思っていても、間違ったやり方をしていたりするので、まだ評価できません。

 

糖質制限をしたことがあって、糖質制限はつづかなかったものの、無意識でも糖質はそれなりに控えて血糖をコントロールしてきた人は、GLP-1の分泌能が落ちている状態で、糖質量を積極的に増やせばA1cの短期的な悪化は仕方ない部分があるとは思っていました。腸内細菌の変化には最低でも2,3週間はかかります。

 

それでも、空腹時血糖が今までになく下がった人などが出てきていて、改善の兆しはあります。また、かなり糖質量を増やしているのに、横ばいの人も意味があると思います。何より、患者さん自体がしっかり糖質をとれることでの腹持ちの良さや、満足感を体感できているので、あまり不安は感じていません。

 

アルバイト先での外来で今まで食事に関してあまり節制もしていなかった糖尿病の患者さんについては、麦飯導入でA1cは下がっています。

 

どれぐらいの経過でA1cが改善していくのか、まだ未知の部分はありますが、経過はいづれにしろ報告しますので、積極的な糖質摂取に不安を覚える糖尿病の方はそれを見極めたうえで判断されてもよいと思います。

 

何にも考えずに薬だけ飲んでた糖尿病の人は、麦飯で悪化することもなく普通にA1cの数値がよくなってる。それなりに節制して来た場合に、最初は数値的には悪化しやすい。ここをどれくらいで乗り越えられるかをはっきりさせることができるかどうかがポイントになるはず。

 

急成長している雑穀市場

僕がオートミールや麦飯を流行させようとしているなんて言う人がいますが、恥ずかしくなるのでそんなことは言わないでください。僕が糖質制限に引っかかっている間にもすごい勢いでもう広がっていたんです。それを僕は気がつかなった。でもまだまだ気づいていない人の方が多いだけです。僕は全然遅かった。

 

糖質制限などとっくの昔にもう終わっていたんです。(今の流行は最後のバブルです)低糖質にこだわる意味などないことは、近い将来誰にとっても常識になると思います。にもかかわらず、それをこれから広めようとする人がまだまだいる。ものすごい情報格差がこんなにもネットが利用できる時代にあるなんて、いかにとらわれの気持ちがあると、必要な情報が目の前にあるのに見えてこないのかに本当に驚かされます。

 

大麦のβグルカンに関しては、基礎研究も臨床での研究もたくさんなされていますし、大麦の生産体制の強化やその商品開発が今すごい勢いで進んでいます。医療の世界ではまだまだ一部のようですが、生産者や加工業者は大麦のスーパーフードとしての価値の高さに完全に気がついています。雑穀の市場は急成長しているんです。

 

今もすでにありますが、今後ますます大麦粉やもち麦を使ったスイーツや様々な料理法の研究がなされ、市場やレストランで供給されるようになると思いますので、食品や飲食、健康に関係する仕事をされている方にはその流れに乗り遅れないようにしていただき、みんなで広めていけたらいいなと思います。。

短鎖脂肪酸の効果

短鎖脂肪酸の効果凄いですよ。一か月しっかり麦飯食べましたが、運動量はかなり少なくなっているのに(投稿でいそがしかったから)3週目くらいから変化を感じました。

 

お腹周りの脂肪が落ちてきた感じです。こんな感じは初めてです。体脂肪率はたいして変化していませんが、これは全くあてになりません。あくまでも自分の見た感じでの感想で、個人的な経験にすぎませんけどね。

 

ちなみにカロリー制限はしていませんが結果的にそんなに食べていないようです。おそらく1600から2000の間ぐらい。

 

主食分(麦飯、オートミール)は800kcal.ぐらいは必ず食べています。痩せるつもりはなかったのですが、体重は2㎏程度落ちました。

 

今日食べたもの

 

朝のオートミールにフルーツ盛り、昼は今日は外食、冷やしぶっかけネバネバそば、これは山芋とろろ、納豆、オクラ、なめこなど水溶性食物繊維しっかり入ってます。夜は5割の麦飯2膳とおかず。 間食はなし(お腹はすかない)

 

 

毎日いつもこんな感じというわけでもありません。朝のオートミールはいつも食べます。昼は麦ごはんにおかず、夜はハンバーグとかとんかつとかもたまには食べたりします。要するにオートミールと麦ごはん以外は普通に食べています。

かて飯

大麦はビタミン、ミネラルなどの栄養素も豊富で大いに取り入れたい食品ですが、消化が悪いのは確かにあります。

特に胃腸の機能が落ちている人にはいろいろ工夫は必要になります。

 

よく噛むことはとても大事です。

 

それでも麦飯で胃がどうしても持たれる人は麦の割合を減らしても構いません。

水溶性食物繊維豊富なおかずとセットで食べれば、麦飯でなくて100%白米でもOKです。

 

大事なことは、麦飯を食べること自体にはありません。エネルギー源としての糖質をしっかり健康的に摂取することが本当の目的です。

 

昔から伝わる「かて飯」などには、大麦以外にいろいろな混ぜ物(大根、海藻など)を入れたものがおおく、単に白米の量を節約する目的以外にも、消化吸収を助けるなどいろいろな意味があったようです。

「堀の中の患者様」刑務所医師が見た驚きの獄中生活     日向正光著より抜粋 その2

「それにしても何でこんなに良くなるんだろう?普通と違う状況ってなんだ?規則正しい生活、禁煙、禁酒、禁間食、禁夜食、服薬順守?これでは当たり前すぎる。運動か?作業か?でも1日30分の運動を1週間に2,3回するのみだ。作業も座って行うものがほとんどで、肉体労働と呼べるものではないからカロリーなんて消費しない。では一体なぜ?何が一般社会と違うのか?麦飯?そうか麦飯かー?でも何で?

 

食品成分表で調べてみる。麦飯は食物繊維が多い。日本人の食物摂取量を調べてみると1日平均15g。受刑者はなんと30g

これだ!でも他にももっと食物繊維の多い食品はある。不溶性食物繊維の摂取量は、一般日本人も受刑者もほぼ同じだ。

 

では水溶性食物繊維の場合は、、、一般人と比較して受刑者は5倍以上も摂取している!これだ!」

 

彼は淡々と調査研究の成果をまとめ、国内の学会で発表する機会をうる。それなりにうけはよく、一時ネットでも少し話題になったものの、このまま反響が下火になるのを惜しいと思った彼は、いままできちんとしたデータのある論文がなかったことを調べ、国外で発表する価値があると思い英語論文を仕上げ、アメリカ糖尿病学会(ADA)に演題を応募した。

 

受理されることが難しい権威ある学会で、まさかの受理の知らせを受け彼はアメリカで発表することになるのだが、前例がないと出張扱いされず自費でいくことになる。このあたりのいきさつも面白かったのですが、ここは省略します。



彼が英語論文を仕上げたことは非常に良かった。今、彼の論文は世界中の大麦のβグルカンの健康増進効果の研究者たちに引用されることも多い。彼自身も「糖尿病を改善する食物繊維食のすすめ」(2010年)という一般書までその後出版している。

 

確かな効果があるにもかかわらず、それほど世の中に知られることもなく埋もれてしまっている現象は、まさに明治初期の脚気の話を彷彿とさせる。麦飯が脚気の予防になるという事実があり、それを報告している研究者がいたにもかかわらず、伝染病説や中毒説が主流で栄養欠乏説は受け入れられず当時の陸軍が採用せず、その後も多くの死者を出し続けたことは有名な話だ。ビタミンb1が発見され、ようやく麦飯が採用されることになるのだ。

 

糖尿病治療薬としてのGLP-1の研究は彼の本の出版あたりではまだまだ進んでいなかったし、大麦の研究者によるβグルカンの研究はまさにかれの研究論文がおおきな推進力となって進み、そして腸内細菌の研究者たちによる短鎖脂肪酸と大腸L細胞、GLP-1分泌の研究など進んできた最近になって、まさに彼の2型糖尿病の原因は水溶性食物繊維にありという世界最初の報告の意味がはっきりつながってきたのだ。

 

そして決定的だったのは「糖尿病はグルカゴンの反乱だった」だ。

 

ビタミンB1の発見によってやっと日の目を見た麦飯の効用と全く同様に、複雑な2型糖尿病の原因が水溶性食物繊維の不足という単純な一つの理由(規則正しく朝食を食べることも含めて)であるわけがないという思い込みが、いまなお糖尿病患者の数が増え続けている理由に思えて仕方がない。

 

彼の発見は近い将来ノーベル賞受賞に値するかもしれないと言ったら、頭が麦畑になっているといって笑いますか?

短鎖脂肪酸をいっぱい作ってもらおう

腸内細菌が作り出す短鎖脂肪酸は健康に痩せるためには必須です。

 

短鎖脂肪酸は体脂肪の分解を促して、食事で減らしたカロリー分のエネルギーの不足を補い、交感神経節に働いて代謝を上げ、さらにGLP-1の分泌も刺激します。

 

GLP-1は脳の食欲中枢に働きかけ過食を抑えてくれますから、自分のための食事が減るのはさほど苦にもなりません。さらに筋肉の糖の取り込みを促進することで筋肉の減少も防いでくれます。

 

つまり、痩せたかったら腸内細菌にしっかり水溶性食物繊維を届けて、自分のための食事は控えれば自然に痩せます。

 

糖質量なんて関係ないから、朝からしっかり大盛りで麦ごはん食べて、いっぱい短鎖脂肪酸を腸内細菌につくってもらいましょう。

 

結果的に一日の摂取カロリーは自然にへり、腸内細菌が整う2,3週目から自然な体重減少が期待できます。

しっかり食べないと痩せられないとはこういう意味です。

 

糖尿病の人も一緒です。GLP-1は糖尿病を逆転させるカギですから、一時的な血糖上昇にビビッて、ちまちま食べているようでは、いつまでたっても改善しませんよ

いつもの食事

テーマ:

 

今日の昼食です。鶏モモ、豚ヒレ肉に塩コショウしてオーツ粉まぶして焼いただけ、長芋、もち麦5割飯。(βグルカン3g)オーツ粉はカレーやシチューなどの料理などいろいろつかえます。

 

 

 

 

朝のフルーツ盛りオートミール30gもち麦シリアル12g。(βグルカン2g)この朝食と昼の麦飯ではらもちがよいので、夕食軽めに残った麦飯とちょとのおかずぐらいですませていたら、3週目あたりから体重が落ち始めました。急な痩せすぎはマズイので、しっかり食べるようにします。

 

腸内細菌のための食事を優先すれば(βグルカンなら一日3gから6g)、食欲はコントロールされますから痩せることは簡単ですが、痩せた時に筋肉ないことに愕然としますから、ボディメイクをしたければしっかり筋トレして筋肉をつけましょう。筋肉つけるのはやせることよりずっと時間がかります。

麦飯

 

ウィキペディアに麦飯についてまとめてありましたので紹介します。

 

これを読めば、戦後日本人に糖尿病が増えた原因は麦飯を食べなくなったことであるといっても、的外れではないことがわかると思います。最後に糖尿病との関係として以前紹介した福島刑務所の論文まで紹介されていました。

 

これを読めば糖尿病の人にこそ、麦飯をすすめる理由がわかると思います。

 

水溶性食物繊維、短鎖脂肪酸、大腸L細胞、GLP-1、グルカゴンの抑制、そして糖尿病の主役はグルカゴンと理論的にも無理なくつながったのです。

 

 

糖尿病との関係

2005年(平成17年)8月に、秋田市で開催された第46回日本人間ドック学会学術大会に於いて、2型糖尿病患者の血糖値が、刑務所服役中に著明に改善した事例が発表された。福島刑務所医務課の日向正光(精神科医)は、受刑者の栄養摂取量が日本人の平均と同等以上であることや、運動量がそれほど多くはないのにも拘らず、インスリンで治療していた17人のうち5人が注射をやめることができ、経口血糖降下薬で治療していた34人についても、17人が服薬を中止できた事を踏まえて、刑務所の主食が、今どき珍しい『麦飯』であることに着目した。

米7麦3の飯を毎日食べることで、食物繊維、とりわけ水溶性の食物繊維の摂取量が多くなり、糖代謝の改善につながったのではないかと考えた。受刑者は平均的日本人男性の2倍の食物繊維を摂取し、水溶性食物繊維は5倍摂っているという。「規則正しい生活習慣と麦飯などの高食物繊維食で、十分な糖尿病の治療効果がもたらされる可能性がある」としている

糖尿病は麦飯で治す

きちんと読み始めるとあまりの興奮で読み続けることがすぐにできなくなる。もはや糖質制限の問題など、どうでもよくなってきた。

 

すでに結果はでていても、理論的な根拠がしっかりしていなければ、人はなかなか信じない。ちょうど脚気が麦飯で予防できる事実があっても、なかなか信じられずに死者が出続けたように。この本(糖尿病はグルカゴンの反乱だった)は紛れもなく理論的なうらづけとなる!

 

著者の理論は僕の知らなかったことももちろん多くありますが、本筋は全く同じです。しかも結論の食事療法はほぼプラントベースホールフードです。この点に関しても自分がたどり着いた方向性は間違っていないことが、はっきりわかりました。

 

プラントベースホールフードで糖尿病が実際に治る例はたくさん調べてわかっています。だから、理論が裏付けられた以上、あとは実際に、現実的に患者さんが実行可能な方法論であるかにかかっている。残念ながら、最後のこの一点が突破できなかった。あまりに制約が多すぎて、現実的にはできなかったんです。自分でも不可能でした。

 

食事は植物性の食品、野菜、果物、全粒穀物、豆類などを基本とし、少なくとも毎日50gの食物繊維をとるように工夫し、赤身の肉、高脂肪の乳製品、揚げ物、食品添加物、AGEを避け、脂肪の摂取は控える。

 

これは現実的な食事療法にはなりません。(例えば一般的には女性で一日18g、男性20g以上が推奨される食物繊維の目安です)もっと焦点を絞らないと、ダメだった。その焦点こそが水溶性食物繊維つまり主食を麦飯にすることです。
だって福島刑務所のデータですでに結果は出ているじゃないですか。糖尿病がこれでよくならないはずはないんです。

 

朝のオートミールはビルダーの食事でヒントを得て患者さんに2か月くらいまえから勧めてきました。食べてますよーという患者さんはみんなA1cの改善がみられています。まだ短期の結果でパイロットスタディのようなものですが、すこぶる感触がよいので僕は強気です。でももち麦の方がβグルカンをとれることがわかって、今まさに麦飯を僕のすべての糖尿病患者さんに試してもらい始めているところです。ですのでこれがはっきりするにはもう少しかかります。

 

著者が最初に書いているように、患者さんにはおおいなる福音がもたらされることになることを祈ってやみません。

GLP-1を分泌するL細胞が大腸にあることの意味

GLP-1を分泌するL細胞を刺激する物質はわかっていて、グルコース、アミノ酸、そして脂質では一価不飽和脂肪酸(MUFAs)、ω―3多価不飽和脂肪酸(PUFA)です。多く含む食品としてオリーブ油、アボガド、アーモンド、魚や亜麻仁油などがありますから、これは地中海式食事が健康に良いとされる根拠の一つになっています。

 

GLP-1の分泌は食後15分から30分の間におこる最初の反応と60分前後のピークの2相性でそこから次の食事に向けて徐々に減少していきます。ここでGLP-1を分泌するL細胞の場所が小腸下部から大腸なので、そこに食物が至るまでの時間を考えて、最初の反応は小腸上部にあるk細胞または神経系を介した分泌であると考えられているわけです。

 

この食事によるGLP-1の分泌が肥満や糖尿病の患者において低下していることがわかって、それを治療する目的で、以前からGLP-1の分解酵素阻害薬はありましたが、特にGLP-1の様々な役割の研究が詳しくなされ、β細胞の保護作用も期待できることも相まってGLP-1の注射製剤を比較的早期から糖尿病患者に使うことが推奨されるようになってきています。

 

ですから、糖尿病のサイトで調べてみれば、GLP-1の作用については詳しく知ることができますが、ここで気づいてほしいのはL細胞の存在する場所の表現の違いです。小腸下部とだけ書かれていたり、小腸から大腸にかけてという表現がされていますが、実は大腸に最も多く存在しています。

 

最初に示したような栄養素がもはやそれほど存在しない大腸に最も多く存在しているという理由がうまく説明できないので、そのような表現になっているのかはわかりませんが、腸内細菌が作り出す短鎖脂肪酸がL細胞のGLP-1分泌を刺激することがわかったことで、大腸に最も多く存在する理由ははっきりしたと思います。

 

となれば肥満や糖尿病患者のGLP-1分泌が低いことの理由として、腸内細菌がつくる短鎖脂肪酸が足りないためL細胞の数が減少し、GLP-1の分泌が慢性的に不足し、時間の経過とともにインスリン抵抗性をはじめとする病理を作り出していると考えるのはかなり理にかなっていると思います。

 

主食として大麦やオーツ麦をとることが、GLP-1の慢性的な不足を外から補充せずに、食事で内因性に補充することにつながるなら、肥満や糖尿病の本質的な食事療法になるといっても言い過ぎではないと思いませんか?