鈴木内科クリニック・鈴美館

鈴木内科クリニックは、漢方外来、生活習慣病外来、疼痛外来、感冒外来のクリニックです。

TEL:099-278-5797 FAX:099-278-5796

〒899-2702 鹿児島県鹿児島市福山町193-1

糖尿病

2009年のニールバーナード博士らの論文の結果

2009年のニールバーナード博士らの論文の結果です。

糖尿病患者を49人と50人に分け、低脂肪(10%)高糖質(75%)の菜食中心の食事とアメリカ糖尿病学会が推奨する食事との郡に分けています。黒丸はヴィーガン食ですが、HbA1cへの改善効果がみられています。

自分の私見ですが、この図を見ていていろいろ考えさせられます。

まずダイエットの研究で必ず問題になるのが、実際に継続可能であるのかどうかという点です。

初期にどちらも下がっていますがその後じわじわと上昇していきます。これはやはり、どのようなダイエットでも厳密に継続することは困難であるということを表していると思います。かなりな低脂肪のビーガン食もその点で例外ではないようです。

糖質制限の場合は入っていませんが、おそらく同じようなカーブを描くのではないかと推測されます。

自験例では初期(3か月から半年)には確かに目覚ましい効果がみられる患者さんが多いものの、その後は徐々に数値の上昇に歯止めがかからなくなる人が多く、元の数値に戻ってしまったり、元の数値以上に悪化してしまった人もいます。

残念ながら何とか維持できている人の方が少数派でありました。

糖質制限もビーガン食もHbA1cに対して同様なカーブがみられるということになるとそれはいくつかの意味を持つことになると思います。

一つは糖質をとらないことが血糖値を上げない唯一のことではないということです。高糖質であっても高植物繊維、低脂質を維持できれば、糖尿病患者であっても平均の血糖値は下げられるということです。

もう一つはやはり糖質制限にしろ脂質制限にしても、食事の制限だけでは改善は難しいということがわかります。やはり運動を取り入れる必要があります。もちろん糖尿病の罹患期間は大きな因子であり、長く放置してしまった人ほど治癒を目的とするのは困難だとは思いますが、それでも方向性は大事であると思います。

糖尿病の本質が筋肉内の糖代謝異常であり、その原因は筋肉内の異所性脂肪の蓄積によるインスリン抵抗性やミトコンドリアの減少であるという説から考えると、この場合の運動は無酸素運動(筋トレ)が望ましく、過度の有酸素運動は逆に好ましくないのですがこれについてはまた別に分けて触れたいと思います。

A low-fat vegan diet and a conventional diabetes diet in the treatment of type 2 diabetes: a randomized, controlled, 74-wk clinical trial.

 

果糖(砂糖)を絶っても・・・

果糖(砂糖)を絶っても糖尿病は治りません。

治らないのは果糖が糖尿病の本質的な原因ではないからと考えるのが自然です。

治らないので砂糖以外の他の糖質も控える糖質制限に対症療法としての意味はあります。

意味はありますが糖質制限ではやはり糖尿病が治らないのは同じことです。

糖尿病の本質的な原因は脂の方であるということに視点を変えた立場でどこまで糖尿病が改善できるのか、大きな方向転換を受け入れていただいた患者さんとともに道を探していくことになります。

糖質制限で糖尿病が治るのか?

糖尿病の治癒とは、耐糖能の改善。

つまり糖質をとっても血糖の上昇がある範囲に収まる状態とします。

 

糖質制限で糖尿病が治るのでしょうか?

 

確かに糖質をとらなければ、高血糖は改善し、HBA1Cは下がっていく。いろいろな自覚症状の改善もみられ、その状態を継続できれば高血糖による合併症の予防できそうだ。

実際頑張って継続され、HBA1cの値をコントロールし続けている人もいる。糖質制限の成功例である。

従来のままの食事指導と投薬を続けているよりは確かに良かったと思えるし、それが医師本人であれば、糖質制限を臨床の柱に据え、さらなる応用と治療の可能性を考えるのは必然のような気もする。

数年前、糖質制限の理論を知り自分で試してその効果に驚き、患者さんにも指導して多くの著効例を得た自分はそうだった。

しかしながら、1年、2年と臨床を重ねていくうち、徐々に気がついてくる。始めから無理である、つまりできないという人や、頑張ってやってみて様々な自覚症状の改善や数値の改善を得られた後、3か月から半年でそこから徐々に再び体重は戻りはじめ、数値が徐々に悪化していき元に戻ってしまう人の方が多いのである。

そんな中でもまだ気がつかず、さらなる糖質制限の可能性を追求することの方に夢中になり、ケトジェニックの可能性もあらたに知って海外の研究も進んでいることもわかって、自らケトジェニックの方法論を実践していた。

obesity codeを知ったのもそんな最中であったので、まさにこれに答えがあるに違いないと興奮した。

 

そして、自ら体験した結果わかってきたことは、

まさに自分の耐糖能の悪化であった。

 

そしてその現象に対しは、ケトジェニックの指導者、(Fungも含む)たちは様々な説明と問題のなさを強調している。

しかし、どうしても納得できないものを感じていた。

 

何かが見落とされている。

 

そしてそれはFung(Obesity codeの著者)も同じなのではないかと思うようになっていった。

(現在は、出たばかりのDiabetes codeをざっと見てそれをほぼ確信しています) つづく