鈴木内科クリニック・鈴美館

鈴木内科クリニックは、漢方外来、生活習慣病外来、疼痛外来、感冒外来のクリニックです。

TEL:099-278-5797 FAX:099-278-5796

〒899-2702 鹿児島県鹿児島市福山町193-1

ボーンブロス

BeautworldJAPANで話すこと

結局のところ、ホルモン肥満仮説もセットポイント理論も肥満の原因の一面を見ていたに過ぎなかった。

より本質的な原因は何なのか?その新たに分かったことを今度のビューティワールドジャパンのセミナーで話します。

本の内容を中心に説明する予定でしたが、内容はかなり修正されたものになります。しかし基礎知識として本の内容は役に立つはずです。

自分で出した本を自ら突っ込むという異例の展開になりそうです。今は大忙しでスライドづくりに追われています。
https://beautyworld-japan.jp.messefrankfurt.com/…/semi2.html

 

糖質制限の光と影

糖質制限には光と影がある。

 

光の部分や影の部分だけを取り上げて議論しても意味のあるものにならないのは当然だ。

 

影の部分について十分な理解があれば、光の部分を生かすこともできうると思う。光の部分だけを取り上げて影の部分を検討しようとしないでいれば、問題が生じてくるのもやはり当然でありすでに生じているのであるが、状況としては企業の参入の増加に伴い世間では糖質制限の認知度は(実行できるのかどうかは別として)ますます広まってきているようだ。

 

数年前、最初の糖質制限のセミナーでは、糖質制限を知っている人は圧倒的に少数派であった。しかしすでに流行の兆しはあった。

自分が糖質制限を知ったのはまさにその段階であった。これから糖質制限がどんどん広まっていくのは間違いない。これには医療を変える力があると、広めていかなければならないとその時は強く思った。

しかし当初の劇的な臨床効果にもかかわらず、次第に問題を生じてくる場合が多いことがわかってきた。その解決策を模索するうち、糖質制限自体に本質的な問題があるのではないかと考えるようになり、それを発信するようになったが、そのことで残念ながら光の部分だけしか見ようとせず、影の部分を無視したり、あくまでも光の部分だけで説明し続けることにこだわり続ける人とは議論にならないこともはっきりと分かった。

解決策を模索する中で出会い、大きな影響を受けたDr Fungでさえ、光の部分だけで影の部分を説明していることに気がついた。

Dr Fungの、生理的インスリン抵抗性や暁現象の説明がどうしても腑に落ちなかったのはそういうことだったのだ。

LowT3症候群についても同じことだ。ケトジェニックの指導者たちについていくら学んだところで、自分の知りたいことは得られないだろうということを直感的に理解できた気がする。それがはっきりと分かったのは、まさに後ろに回って後ろから見たからだ。

 

今度はかつて見ていた光の部分が影となり、影の部分がよく見えるようになった。それによってようやく全体が見えてきた気がしています。

 

自分にとって大事なことは、一つの方法にこだわることやそれを広めることではありません。

糖質制限をきっかけとして体質改善に成功し、うまくいった人はそれでいい。

しかしうまくいかなかった人、新たな問題を抱えてしまった人には別の方法を探さなければならない。

 

それが、糖質制限セミナーをしたり、ネットで発信してきた自分の責任でもあるのだと思っています。

 

「ボーンブロスでやせる間ファスダイエット」の出版はそんな模索の中での自分の途中経過をまとめたものです。

流行に逆らって糖質制限の問題点を指摘する内容であり、かといって糖質制限は危険だ!みたいな感じが好きなアンチ糖質制限の人を対象に書いたわけでもないので売れ行きはそこそこといった感じのようですが、自分としては出版できたことにとても感謝しています。

ただし、途中経過であったため、すでに修正すべきことや新たに分かってきたことがたくさん出てきてしまいました。

それを今後もセミナーやネット上で発信していきたいと思っています。

 

お知らせですが5月14日月曜日午後、東京ビッグサイトでの東京ビューティーワールドジャパンの中の特別企画の有料ゼミでセミナーを行います。美容にかかわる業界関係者が対象ですが、業界の範囲はかなり拡大解釈で大丈夫なはずです。まだ席は空いています。

現時点で新たに分かってきた情報を更新して、美容と健康を考える方に有意義なセミナーとなるようにしたいと思いますので、興味のある方はぜひ来ていただけると嬉しいです。

 

詳細はこちらから⇓⇓

https://beautyworld-japan.jp.messefrankfurt.com/tokyo/ja/visitors/events/seminar7/semi2.html

書評頂きました

書評頂きました。平山先生らしい冷静なご指摘であると共感いたしました。

 

『生化学的な事実だけで臨床を語れたらよいのだが、そう簡単にはいかない。これらの生化学的な事実が「全ての人間は、同じものを食べたら同じ反応を示す」ことを保証する訳ではないからである。いわゆる、個体差である。

糖質制限を診療に取り入れている医師は多いと思うが、それぞれの臨床現場で診ている疾患群(患者群)の違いで、糖質制限の勧め方や臨床的な解釈に違いが出るだろうし、それぞれの医師の専門的バックグラウンドやOrthomolecular medicineを取り入れているかどうかなどでも違いは出る。

 

結局、我々医師に今のところ出来るのは、種々の研究結果や生化学的事実を踏まえた上で、「私の臨床では・・・」というカッコ付きで誠実に語ることだけなのかもしれない。』

最後に一番伝えたかったことも、しっかり触れていただきうれしかったです。平山先生ありがとうございました。

『これまでの栄養学における

総摂取カロリーの60%程度は、炭水化物(≒主食)から摂るべきである
脂肪は少ないほどヘルシーである

といった何となく定説とされていた考え方は、糖質制限の普及により徐々に覆りつつある。

しかしその過程で、他の栄養素と比較した時の相対的な糖質過剰摂取の害が、「糖質絶対悪」と捉えられがちになってしまったことは否めない。

糖質制限という言葉がこれだけ人口に膾炙した今、「自分は何のために糖質制限をするのか?」を見直す切っ掛けを、本書は与えてくれるだろう。』

 

鹿児島認知症ブログ

~鹿児島でコウノメソッドや糖質制限を実践している脳神経外科医のブログ~

http://www.ninchi-shou.com/entry/Carbohydrate-selection

痩せすぎの女性の食事の問題

やせ形で非筋肉質の女性が糖質制限や間ファスをしない方がよい理由は、もともと異化が亢進しやすく、同化が苦手だと思われるからです。

糖質制限や間ファスでホルモンバランスをさらに異化亢進状態に崩してしまう危険性がより高いグループです。

食事の回数を増やし、糖質を分けてとる必要があります。

間食も有用な手段になります。

同化が亢進している肥満のための方法論とは全く逆になるわけです。

間ファスは同化亢進状態を治療するための方法論です。

ホルモンバランスはいったん崩れると元に戻すことは大変です。

それだけに、糖質制限や間ファスがなぜある人には有効であっても続けることで問題が生じる可能性が出てくるのか、またある人にとってはするべきでないのか、どのように体に働きかけるのかなどを知ることが大事だと思います。

大まかな枠組みが理解され、共有されて初めて正しいか間違っているか、安全か危険かなどの2元論から脱して、多くの人に役立つ方法論になりうると思っています。

間ファスを勧める本を書いているのに、矛盾していると思われるでしょうが、読んでいただけたらそのあたりのことがわかっていただけるのではと思います。

今回の本はあくまでもダイエットの本として、肥満のメカニズムについて、僕が理解できている範囲でまとめたものです。

痩せすぎの女性の食事の問題や、痩せ型の糖尿病の食事などについては、また別の問題です。

この本がたたき台になって、新たに前向きな議論が起きることを期待していますし、そうなるといいなと思っています。

2018年2月初出版

2018年2月に発売になります。今までのフェイスブックでの投稿やセミナーでの内容をまとめました。

「魔法のスープボーンブロスでやせる間ファスダイエット-食べない時間が体をリセット-」

Amazon予約⇓⇓⇓
http://www.amazon.co.jp/dp/4074285193

 

 

ボーンブロスリゾット

池澤先生からいただいたボーンブロスで家内がリゾットを作ってくれました。

 

ご飯は多く見えますが具が多いため実はかなり少ないですが、ボーンブロスで作ったリゾットはとってもおいしいので満足できます。

とはいうもののあまりに美味しく、お替りしてしまいました。

それでも血糖は一時間値で120でした。

以前同じようなリゾットで測ってみた時、一時間値180ぐらいになっていましたので、糖質選択で耐糖能は改善しています。

 

ボーンブロスの薬効

栄養不足の原因の多くは腸の吸収障害でしょう。

そのために腸を休め、ボーンブロスの薬効が必要なんです。

間ファスは栄養不足の人こそ、取り組む必要がある。そのやり方や時間は慎重にする必要があるが、やってはいけないなんてことは、絶対にない。

 

毎日1,2杯のボーンブロス

店を開く前、週に3日ぐらい一、二杯のボーンブロスをとるようにしていたら、パンやスイーツへの渇望がいつの間にかなくなっていることに気がついた。そして店を開いてからは、毎日一、二杯のボーンブロスをとることで、かつて悩まされていた消化機能の問題が、すっかりよくなってしまっていた。そうです。写真はニューヨークのボーンブロス専門店、brodo のマルコさん。

ボーンブロスの定義から行くと、骨のついた肉を煮こんだ煮汁の残りがブロスで煮込む時間も1時間から3時間ほど、骨が中心で肉も少しくっついてるのや腱などを煮込んだものがストック、物にもよりますが3,4時間から12時間。ボーンブロスはほぼ骨だけ煮たもので煮込む時間も半日から3日がかりになる場合も。手羽先スープはブロスで、鶏ガラスープがストックかな。本格的なボーンブロスとなるとなかなか難しいですが、ブロスやストックでも効果はあると思っています。

 

#ハッシュタグ

ボーンブロスで冷静トマトスープ

おちゃづけさんから頂いたボーンブロスで家内が冷製トマトスープを作って届けてくれました。激うまです。レシピはボーンブロス倶楽部に載せるようです。

冷凍ブロスがあると手軽に作れるようですよ。

栄養豊かなボーンブロス

栄養豊かなボーンブロスは間欠的ファステングするときだけではもったいないです。

それ以外でも普段の食事の中に取り入れていくことで、より栄養を取り入れることができます。このときは、ひよこ豆とかレンズマメとか、糖質制限では避けられがちな栄養化の高い植物性の食材を取り入れて調理することで、とってもおいしい料理をたのしめますし、それこそが糖質制限の延長上にある、糖質選択の最大のメリットでもあると思います。質の良いボーンブロスは食べるサプリです。日常的に取り入れてこそ真価を発揮するものです。

間欠的ファステングの最も大事な点は、ファステングしないとき何を食べるかです。この点にもっともっと関心を持ってほしいと思います。