鈴木内科クリニック・鈴美館

鈴木内科クリニックは、漢方外来、生活習慣病外来、疼痛外来、感冒外来のクリニックです。

TEL:099-278-5797 FAX:099-278-5796

〒899-2702 鹿児島県鹿児島市福山町193-1

ケトン体

卵巣がん、糖質制限と抗癌生薬

70代後半の女性です。

2014年9月に腹部の腫瘤に気が付き入院。

卵巣癌の診断、手術受けるも人工肛門増設となりました。

その後2015年6月まで3クール化学療法を受けています。

1000を超えていたCA125(腫瘍マーカー)は20台に低下し、経過を見ていたのですが10月より再び上昇し始め、12月には112となり、CT上も腹腔内リンパ節腫大が確認され卵巣がんの再発と診断、根治は不可能として緩和ケア外来にて経過を見ていくこととなっています。
知人の紹介で、当院に来られたのはそんな2015年12月でした。厳密な糖質制限と抗癌生薬(百花蛇舌草、半枝蓮、霊芝)を中心とした漢方薬で経過を見ることにしました。

それまで、ゲルソン療法に近い食事をしてこられ、全く真逆の食事への変更はびっくりはされていましたが、決めたらやると真剣に取り組まれ、1月に測った血中ケトンも1901とまずまずでした。

腫瘍マーカーはその後も上昇が続きましたがあまり動揺されることもなく、いずれ下がってくるのを期待して頑張っていましたが、ようやく成果が出てきました。最近になって糖質制限と併用すればさほどの高濃度でなくてもビタミンCの点滴が非常に効果があるということもわかり、この奥の手も検討中です。

 

まだ戦いは途中ですが、もう負ける気がしません。(投稿は患者さんの了解を得ています)

 

実験から気づいたこと

昨日の実験から、一夜たって気がついた。

21km1時間53分 平均心拍数166 僕にとって、レッドゾーンレベルの運動で到底有酸素運動とは言えない状態で、血糖値が104とかわらず、まったく下がらなかった。

これは凄いことなのではないか。

筋肉の張りもなく、終了直後も今朝もふにゃふにゃだ。

ケト適応状態での運動生理は今までの教科書にはない。鹿屋体育大学とかで、本格的なアスリートで研究出来ないものだろうか。

またまた実験です。

またまた実験です。

今度は昼休みに、雨の中裸足で一人ハーフマラソン。

結果は血糖値まったく変わらず、ケトン値もわずかの上昇。

15000111_733399793467464_3270747737516895821_o 14976400_733399786800798_2783948591548394070_o

これはまあなんてことないのですが、なんと21kmを1時間53分で走れてしまいました。

10年以上まえ、桜島ハーフの2時間3分の自己記録を超えてしまった!

今年は12月桜島ハーフマラソンに出る予定ですが、裸足で2時間切りが見えてきました。

 

帰ったら素敵なランチがまっていました。

14991095_733399790134131_1915580101728290023_o

血中ケトン濃度(βヒドロキシ酪酸)について No.2

血中ケトン濃度(βヒドロキシ酪酸)について ナンバー2

本日の朝食は家内手作りのケトンマフィン一個とバターコーヒー。

14918953_731647323642711_7161173968120154578_o

これだけで午前中の診療を終え、お昼より実験開始。昼食はなし。

スタート時▶       血糖値94 血中ケトン0.9

スイム1.5km37分▶     血糖値96     血中ケトン0.9

バイク40km1時間45分▶  血糖値67     血中ケトン1.4

ラン10km 1時間5分▶        血糖値70     血中ケトン2.0 で終了。

補給は水のみ。なるほどね。

15002390_731647306976046_9023142731799580353_o 15000770_731647290309381_7455613957061620460_o