鈴木内科クリニック・鈴美館

鈴木内科クリニックは、漢方外来、生活習慣病外来、疼痛外来、感冒外来のクリニックです。

TEL:099-278-5797 FAX:099-278-5796

〒899-2702 鹿児島県鹿児島市福山町193-1

糖尿病に対する麦飯の効果について

糖尿病に対する麦飯の効果について

糖尿病の患者さんたちにオートミールや麦飯をすすめ、一か月後の結果が出てきています。

 

ある程度予想はしていましたが、糖質制限をすすめた時とは違いほぼ全例でA1cが改善するようなことはおきていません。A1cだけで言えばやや悪化した人のほうが多く、横ばいの人、少し改善した人もいて結果はまだバラバラです。

 

まだまだ、例えば朝食でとっていないとか、大麦の割合が少なすぎたり、わかってもらったと思っていても、間違ったやり方をしていたりするので、まだ評価できません。

 

糖質制限をしたことがあって、糖質制限はつづかなかったものの、無意識でも糖質はそれなりに控えて血糖をコントロールしてきた人は、GLP-1の分泌能が落ちている状態で、糖質量を積極的に増やせばA1cの短期的な悪化は仕方ない部分があるとは思っていました。腸内細菌の変化には最低でも2,3週間はかかります。

 

それでも、空腹時血糖が今までになく下がった人などが出てきていて、改善の兆しはあります。また、かなり糖質量を増やしているのに、横ばいの人も意味があると思います。何より、患者さん自体がしっかり糖質をとれることでの腹持ちの良さや、満足感を体感できているので、あまり不安は感じていません。

 

アルバイト先での外来で今まで食事に関してあまり節制もしていなかった糖尿病の患者さんについては、麦飯導入でA1cは下がっています。

 

どれぐらいの経過でA1cが改善していくのか、まだ未知の部分はありますが、経過はいづれにしろ報告しますので、積極的な糖質摂取に不安を覚える糖尿病の方はそれを見極めたうえで判断されてもよいと思います。

 

何にも考えずに薬だけ飲んでた糖尿病の人は、麦飯で悪化することもなく普通にA1cの数値がよくなってる。それなりに節制して来た場合に、最初は数値的には悪化しやすい。ここをどれくらいで乗り越えられるかをはっきりさせることができるかどうかがポイントになるはず。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »