麦飯

 

ウィキペディアに麦飯についてまとめてありましたので紹介します。

 

これを読めば、戦後日本人に糖尿病が増えた原因は麦飯を食べなくなったことであるといっても、的外れではないことがわかると思います。最後に糖尿病との関係として以前紹介した福島刑務所の論文まで紹介されていました。

 

これを読めば糖尿病の人にこそ、麦飯をすすめる理由がわかると思います。

 

水溶性食物繊維、短鎖脂肪酸、大腸L細胞、GLP-1、グルカゴンの抑制、そして糖尿病の主役はグルカゴンと理論的にも無理なくつながったのです。

 

 

糖尿病との関係

2005年(平成17年)8月に、秋田市で開催された第46回日本人間ドック学会学術大会に於いて、2型糖尿病患者の血糖値が、刑務所服役中に著明に改善した事例が発表された。福島刑務所医務課の日向正光(精神科医)は、受刑者の栄養摂取量が日本人の平均と同等以上であることや、運動量がそれほど多くはないのにも拘らず、インスリンで治療していた17人のうち5人が注射をやめることができ、経口血糖降下薬で治療していた34人についても、17人が服薬を中止できた事を踏まえて、刑務所の主食が、今どき珍しい『麦飯』であることに着目した。

米7麦3の飯を毎日食べることで、食物繊維、とりわけ水溶性の食物繊維の摂取量が多くなり、糖代謝の改善につながったのではないかと考えた。受刑者は平均的日本人男性の2倍の食物繊維を摂取し、水溶性食物繊維は5倍摂っているという。「規則正しい生活習慣と麦飯などの高食物繊維食で、十分な糖尿病の治療効果がもたらされる可能性がある」としている

このエントリーをはてなブックマークに追加