日本人の体質

糖質制限批判の中で、よく指摘されていたのが、


もともと日本人は炭水化物をしっかりとることで、少ないインスリン量で血糖をコントロールしてきたが、炭水化物の摂取量が減ってしまったことで、より多くのインスリンが必要になった。

というものです。たしかにこの説明では十分な理解を得ることは難しかったと思います。

しかしこれは、表現は不十分ではありますが基本的には全く正しかった。

 

どうですか、まだ何を言っているのかさっぱりわかりませんか?

 

これだけGLP-1やグルカゴンについて説明しているのに、まだ理解できないとしたら、それは知識を拒む洗脳された頭で考えている証拠かもしれません。

 

指摘する側も実ははっきりわかっていなかったから、なおさらわかりにくかったようです。理解されなくてもこれでは仕方がないですね。

 

日本人(アジア人)は特有の体質として、特にGLP-1の利用度が高いようです。この辺の研究も進んでいくでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年8月16日 | カテゴリー : 糖質制限 | 投稿者 : suzukinaikaC