再度グルカゴンの反乱の意味

わかりやすくするため正確な表現ではないのを承知の上でいいます。

 

グルカゴンの反乱というのは、食事をして血液中に糖が入ってくると血糖値が上がりますがそれに反応してグルカゴンが抑制されるどころか逆にもっと出てしまい、食事でとった血糖値以上に血糖を押し上げてしまうことを言います。

 

だからインスリンは通常以上に働かなければならなくなり、それをインスリンの利きが悪いという風に解釈してしまっていたわけです。実はグルカゴンが裏で足を引っ張っていたという風に理解してください。

 

グルカゴンが正常に抑制される限りにおいて、食事でどれだけの糖質をとろうとも、安全に取り入れる仕組みがあるということをまず知ってください。それどころか、使えば使うほどβ細胞は保護されます。問題の本質は、糖質量やインスリンではなくグルカゴンの反乱にあったんです。


正確に言えば、本来血糖値がグルカゴンの分泌を抑制するのではありません。β細胞からの早期のインスリン刺激やGLP-1の働きによるのですけどね。このあたりの抑制のメカニズムの破綻の研究が進んできたわけです。でもそこまで知らなくても、全体像だけでも理解できるといいんですが。

このエントリーをはてなブックマークに追加