鈴木内科クリニック・鈴美館

鈴木内科クリニックは、漢方外来、生活習慣病外来、疼痛外来、感冒外来のクリニックです。

TEL:099-278-5797 FAX:099-278-5796

〒899-2702 鹿児島県鹿児島市福山町193-1

グルカゴンの暴走をおこす糖質制限

グルカゴンの暴走をおこす糖質制限

本当にいまだ糖質制限をしている人は、まだ世の中には糖質があふれているのが問題なのだから、それを適度に減らせたという意味で糖質制限自体は間違っていないなどと、変なこじつけで自分を納得しようとしている人を多く見かけますが、そんなことをいう人はわかっていない証拠みたいなものです。

 

そっちじゃない。必要な糖質をとらなくなったことが最大の問題なんです。

 

かつて洗脳してしまった側の一人として、本当にこの理解が世の中に広まるまでしつこくいろいろな角度から言い続けます。それが医師としての僕の責任でもあります。

 

一般の人は間違っても仕方ありません。基礎的な知識もないし、それを確認していく方法もよくわかっていない。自分の体感で判断していくしかないのもある意味仕方ないです。そしてその体感に驚き、糖質制限を広げるブームを作ることに加わっていった。矛盾を指摘しても体感にこだわり、指摘された矛盾の意味が理解できない。仕方ないです。それが一般の人です。責めるつもりは毛頭ありません。

 

しかし、医師は違う。矛盾したことが出てきたとき、それを調べることも、最新の論文にあたることもできる。医療者と一般の人は立場が違うのです。矛盾を放置したり隠蔽したりしたまま、間違っていることを主張しつつければ、当然責任が生じます。医師が一般の人に間違ったことを言っているのがわかって、それを批判しないで言わないでいることも同じことです。

 

僕が最初に糖質制限、ケトジェニックの問題に気がついたのはグルカゴンの暴走を抑えられなくなるリスクでした。これはフェイスブックにも投稿しました。でも、一般の人にはその意味が理解できない。

 

このとき糖質制限を一緒に推奨してきた医師たちには気がついていっしょに修正してほしかった。僕は悲鳴を上げていたんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »