鈴木内科クリニック・鈴美館

鈴木内科クリニックは、漢方外来、生活習慣病外来、疼痛外来、感冒外来のクリニックです。

TEL:099-278-5797 FAX:099-278-5796

〒899-2702 鹿児島県鹿児島市福山町193-1

2009年のニールバーナード博士らの論文の結果

2009年のニールバーナード博士らの論文の結果

2009年のニールバーナード博士らの論文の結果です。

糖尿病患者を49人と50人に分け、低脂肪(10%)高糖質(75%)の菜食中心の食事とアメリカ糖尿病学会が推奨する食事との郡に分けています。黒丸はヴィーガン食ですが、HbA1cへの改善効果がみられています。

自分の私見ですが、この図を見ていていろいろ考えさせられます。

まずダイエットの研究で必ず問題になるのが、実際に継続可能であるのかどうかという点です。

初期にどちらも下がっていますがその後じわじわと上昇していきます。これはやはり、どのようなダイエットでも厳密に継続することは困難であるということを表していると思います。かなりな低脂肪のビーガン食もその点で例外ではないようです。

糖質制限の場合は入っていませんが、おそらく同じようなカーブを描くのではないかと推測されます。

自験例では初期(3か月から半年)には確かに目覚ましい効果がみられる患者さんが多いものの、その後は徐々に数値の上昇に歯止めがかからなくなる人が多く、元の数値に戻ってしまったり、元の数値以上に悪化してしまった人もいます。

残念ながら何とか維持できている人の方が少数派でありました。

糖質制限もビーガン食もHbA1cに対して同様なカーブがみられるということになるとそれはいくつかの意味を持つことになると思います。

一つは糖質をとらないことが血糖値を上げない唯一のことではないということです。高糖質であっても高植物繊維、低脂質を維持できれば、糖尿病患者であっても平均の血糖値は下げられるということです。

もう一つはやはり糖質制限にしろ脂質制限にしても、食事の制限だけでは改善は難しいということがわかります。やはり運動を取り入れる必要があります。もちろん糖尿病の罹患期間は大きな因子であり、長く放置してしまった人ほど治癒を目的とするのは困難だとは思いますが、それでも方向性は大事であると思います。

糖尿病の本質が筋肉内の糖代謝異常であり、その原因は筋肉内の異所性脂肪の蓄積によるインスリン抵抗性やミトコンドリアの減少であるという説から考えると、この場合の運動は無酸素運動(筋トレ)が望ましく、過度の有酸素運動は逆に好ましくないのですがこれについてはまた別に分けて触れたいと思います。

A low-fat vegan diet and a conventional diabetes diet in the treatment of type 2 diabetes: a randomized, controlled, 74-wk clinical trial.

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »