鈴木内科クリニック・鈴美館

鈴木内科クリニックは、漢方外来、生活習慣病外来、疼痛外来、感冒外来のクリニックです。

TEL:099-278-5797 FAX:099-278-5796

〒899-2702 鹿児島県鹿児島市福山町193-1

プラントベースホール

プラントベースホール

ずっと自分の記事をフォローしていただいている人には理解されてるはずとは思っていますがあらためて書きます。

菜食を中心としたプラントベースホールフードの考え方やその臨床効果を紹介していますが、僕自身は菜食主義の食事が最良とは思ってはいません。

どうしても菜食の利点を強調するあまり、肉食の利点を過小評価しているような気がします。

チャイナスタデイをみても戦前の日本人の前立腺がんや心臓疾患の発生が非常に少なかったことなどが強調されている反面、脳出血が多く死因の第一位であったことなどは無視されています。

また、例えば当時の還暦の人と現代の人を比べてみれば、若々しさにも大きな違いがみられることは明らかで、これは動物性たんぱく質の摂取量が増えた恩恵であると思います。

また菜食中心の食事を長期続けた結果、かえって体調を崩してしまったという例もよく聞かれるところです。

 

しかし肥満、糖尿病、動脈硬化をはじめとする代謝異常の原因は、植物性油(加工食品に多く含まれる)と動物性脂肪の摂取量の増加にあると考えられ、糖質に関してはその質を意識していればその量自体はむしろ多いほうがよいということを理解できたのは、プラントベースホールフードの臨床報告例からでした。

ニールバーナード博士の糖尿病における治療成績やエセルステイン博士の心血管疾患の改善効果などは驚くべきものでした。

プラントベースホールフードの治療効果には科学的な裏付けが最近になってどんどんなされてきています。

単なる菜食主義というレッテルをはって否定してしまっては、そのなかにある価値のある情報を見過ごしてしまうことになります。

プラントベースホールフードといっても提唱者によってその立場から、例えば野菜重視であったり、果物重視であったり、穀物重視であったり様々です。

また以前に紹介した世界の長寿地域(ブルーゾーン)食生活の研究からも、かつての沖縄のように、ほとんどイモを主食にしながら様々な島野菜や果物、海藻や魚をホールフードとしてとりつつ、ヤギや豚などの肉食文化もしっかりあったことからもわかるように、単純に菜食か肉食が良いかなどと議論することは意味がないと思われます。

極端であるほどその利点も欠点もわかりやすくなる気がします。極端な糖質制限を実体験した結果、僕は逆に炭水化物が体にとっていかに重要であるかを理解することができました。極端な菜食主義は個人的にうまくいく人がいても、デメリットの方がおおくなってくるはずです。

最適な場所は個人によってその状態や嗜好や目的からも異なるはずですから、自分で見つけてほしいのですが、そのためにも今のプラントベースホールフードの考えは参考になるはずと思い紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

«