鈴木内科クリニック・鈴美館

鈴木内科クリニックは、漢方外来、生活習慣病外来、疼痛外来、感冒外来のクリニックです。

TEL:099-278-5797 FAX:099-278-5796

〒899-2702 鹿児島県鹿児島市福山町193-1

糖質制限と真逆の方法論 実践その1

糖質制限と真逆の方法論 実践その1

 

今の血糖値とケトン値。

朝、ジョギング5kmの後、はちみつ、アップル酢、炭酸水、レモンで作った最近お気に入りのドリンクとコーヒーに黒砂糖ひとかけらをとっています。

 

糖質摂取を増やし、脂肪を控える食事に切り替えていますが、少し食事の間隔が空くだけで、このぐらいのケトン値になりやすくなりました。

 

糖質摂取量を増やし飽和脂肪酸摂取を減らすことでインスリン感受性を高め、基礎レベルのインスリン分泌を減らすことで逆に内因性ケトンが出やすくなり、空腹に強くなっている感じです。

 

糖質制限とは真逆の方法論になります。

インスリン感受性が高まってインスリン分泌が減るためか、糖質制限解除で増加した体重が、それに脂質制限を追加(緩いですが前は積極的にとっていたので差はおおきい)してさらに糖質摂取を増やすことで自然に減ってきました。
20日間で-2.5㎏。いろいろ面白いです。あくまでも今のところN=1の結果です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »