鈴木内科クリニック・鈴美館

鈴木内科クリニックは、漢方外来、生活習慣病外来、疼痛外来、感冒外来のクリニックです。

TEL:099-278-5797 FAX:099-278-5796

〒899-2702 鹿児島県鹿児島市福山町193-1

人の体の適応能力はすごい

人の体の適応能力はすごい

糖質とってもより少ないインスリンで血糖が下がるようにすればいい。

そうすれば、食後時間が少し経てば低インスリン状態に移行しやすく、より体脂肪を利用しやすい体になる。つまり肥りにくい体。

糖質量とインスリン分泌量と末梢のインスリン感受性、この3つの要素で食後の血糖が決まる。

インスリン感受性は普段の糖質摂取量で思った以上に変化するものであることがよくわかった。人の体の適応能力はすごいと改めて思った。

単純に糖質量を減らすことを継続しているとかえってインスリン感受性が下がっていってしまい、インスリン必要量が増えてしまうというパラドックス。つまり肥りやすくなる。

この辺の最適解はある程度の糖質をとることと、とるタイミングにかかってくる。低糖質であればいいといった単純な理解ではわからないだろう。

 

 個人差もあるので一概には言えない。うまくまとまってないので、これでは伝わらない。何言ってんのという人は絡まないでください。独り言です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »