鈴木内科クリニック・鈴美館

鈴木内科クリニックは、漢方外来、生活習慣病外来、疼痛外来、感冒外来のクリニックです。

TEL:099-278-5797 FAX:099-278-5796

〒899-2702 鹿児島県鹿児島市福山町193-1

痩せているから過食する必要がない

痩せているから過食する必要がない

痩せるために、カロリーを消費しようと走り続けると故障のリスクがだんだん上がり、どこかで走れなくなってしまいがちです。
確かにエリート長距離ランナーはみんな痩せています。走ることはエネルギーを消費するから痩せるのだと思われがちだが実はそうではありません。彼らは走り続けた結果、脂肪を落としてより効率的に走れるようにまで適応した結果そうなっているのです。したがって走るために必要とするエネルギーも走らない人に比べてずっと少なくなっています。
有名なマラソンパラドックスの一つでもありますが、彼らの筋肉の間には脂肪滴が貯まっていて、それをエネルギー源にすることができます。同様な脂肪滴は肥満した糖尿病の患者にも見られ、この脂肪の蓄積がインスリン抵抗性の原因と考えられていましたから、長距離ランナーに同様の脂肪摘がみられたことはまさにパラドックスでした。もちろんランナーたちはインスリン抵抗性は高くはなく、むしろインスリン感受性が高いのですから全く逆です。
痩せることで長く走ることに適応できるようになったということと、痩せるために長く走るということは違います。このことは肥満と過食の関係と似ています。食べるから肥るのではありません。肥っているから過食になるのです。痩せている人は過食しないから肥らないのではありません。痩せているから、過食する必要がないのです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »