鈴木内科クリニック・鈴美館

鈴木内科クリニックは、漢方外来、生活習慣病外来、疼痛外来、感冒外来のクリニックです。

TEL:099-278-5797 FAX:099-278-5796

〒899-2702 鹿児島県鹿児島市福山町193-1

グルカゴンはダイエットの味方

グルカゴンはダイエットの味方

グルカゴンはダイエットの味方。

インスリンはエネルギーを保存するホルモン。グルカゴンはエネルギーを動員するホルモン。

だから、インスリンは血糖を下げ、脂肪の分解を抑える。グルカゴンは肝臓のグリコーゲンの分解を促進することで血糖を上げ、また脂肪細胞から脂肪を動員する(そしてケトンが続く)

インスリンとグルカゴンはお互いに制御しあう関係にあり、一方が優位になると一方が抑制される。インスリン抵抗性によってインスリンが優位な状態が続けばグルカゴンは抑えられ、脂肪は動員されにくい。

 

食事の回数を減らすことでインスリンの分泌回数が減れば、インスリンレベルは低下しグルカゴン優位な状態が生まれ脂肪はより動員されやすくなる。この状態ではグリコーゲンの分解もおこりやすくなるため、運動によっても、明け方のインスリンに拮抗するホルモンの上昇によっても血糖値は上がりやすくなります(暁現象)

つまり、一型糖尿病やインスリン分泌能が落ちてきた2型糖尿病の人に見られる暁現象が、ケトジェニックダイエットや糖質制限をしている糖尿病でない人で起こってくるわけです。

朝の血糖の上昇を見れば、まさに耐糖能障害を招いたように見えますので、これをもって糖質制限は危険であるとか、食事の回数を減らすことはよくない(一日3食きちんと食べないとダメ)ということが言われる根拠の一つになっています。

最初に戻ってインスリンは貯蔵のホルモン、グルカゴンは動員のホルモンですから、グルカゴン優位の状態であれば脂肪を燃やしたり、活動のための血糖を上げるのには有利ですが貯蔵はむしろ下手になります。つまりため込むことはできにくくなるので、食べすぎは即翌朝の血糖値に反映するようになるようです。

これ自体にはいいも悪いもありません。インスリンレベルが下がれば当然起こることですが、ダイエットにおいてグルカゴンは味方だといっていいと思います。

補足ですがタンパク質を食べた時におこりうるゆっくりとした血糖の上昇は、グルカゴンによっておこる肝臓からのグリコーゲンの分解(glycogenolysis)から生じるもので、タンパク質がすぐに糖新生(gluconeogenesis)によって血糖になったものではありません。

食事性たんぱく質由来のアミノ酸の一部が糖新生で糖になりグリコーゲンに終わるまでにはかなり時間がかかるようです。またかなりの部分の余剰のアミノ酸は糖新生で糖になるものより、窒素が外されエネルギー源として消費されるものの方が多いという記事もありました。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »