鈴木内科クリニック・鈴美館

鈴木内科クリニックは、漢方外来、生活習慣病外来、疼痛外来、感冒外来のクリニックです。

TEL:099-278-5797 FAX:099-278-5796

〒899-2702 鹿児島県鹿児島市福山町193-1

氣を補うのは穀物

氣を補うのは穀物

 

氣を補うのは穀物

3年ほど前の投稿です。

ある程度の糖質をとりつつ健康的な体型と活力を維持している人をめざしたいという点は変わっていません。そのためにかなり厳密なケトジェニックもしてみましたが、今は自分に最適な糖質量を見つけるため、かなり糖質とるようにして間欠的ファステングの効果を、血糖、ケトンの数値をはかりながら自分の身体でいろいろ試しています。

糖質に関してはその質とともに、個人に応じた最適量の範囲があり、それより多すぎて摂取することはその量が増えるにしたがって代謝的にいろいろ不利になる一方、最適量の糖質ぎりぎりまでの量はとっていた方がよいまたはとるべきであるという考えに変わっています。

つまり、少ないほど良いのではなく(ケト適応するためのトレーニング期間は別ですが)少なすぎることはデメリットがあるということです。

同様に肉食に関しても最適量があり、多すぎても少なすぎてもよくないのはもう確かだと思いますが、具体的な最適量に関してはその目標とする立場の違い(長寿、がん予防、見た目の若々しさ)でいろいろな意見があります。

海外で行われているこれらの議論のうち、より包括的で新しいものをDr Fungにこだわらず、今後も紹介していきたいと思います。

基本的には個人における栄養の最適化と代謝の最適化の両立する点をできるだけ自然な方法で達成することがテーマです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »