鈴木内科クリニック・鈴美館

鈴木内科クリニックは、漢方外来、生活習慣病外来、疼痛外来、感冒外来のクリニックです。

TEL:099-278-5797 FAX:099-278-5796

〒899-2702 鹿児島県鹿児島市福山町193-1

肥満症は脂肪細胞のホルモン的調節障害

肥満症は脂肪細胞のホルモン的調節障害

肥満症は脂肪細胞のホルモン的調節障害である。

体は体重を家の室温調節器のように設定し維持しています。

体が体重を高く設定しすぎると、肥満症が発生する。

もし現在の体重が設定した体重より下になれば、体は飢餓感を刺激するか代謝を落とすかして体が設定した体重にとどくように体重を増やす。

だから、過度に食べてしまったり、代謝が落ちてしまうのは、肥満の原因ではなく、結果なのです。

 

The Obesity Codeより

 

肥満症はカロリーの取りすぎでおこるのではない。そうではなくて、体のホルモンのバランスの崩れが、体に体重を高すぎる状態に設定させてしまうことでおきる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »