鈴木内科クリニック・鈴美館

鈴木内科クリニックは、漢方外来、生活習慣病外来、疼痛外来、感冒外来のクリニックです。

TEL:099-278-5797 FAX:099-278-5796

〒899-2702 鹿児島県鹿児島市福山町193-1

減塩社会

減塩社会

ついこの間、クローズアップ現代が 減塩社会への取り組み というテーマを放送していた。

国をあげて取り組んだイギリスの成功例や、減塩の調味料を一般に周知させる取り組みをしている食品業界、家庭の中でどうしたら減塩できるかの工夫などを紹介していた。

強い違和感をおぼえたのは減塩すること自体がまったく疑いなく正しいという前提である。

真面目に減塩に取り組んだが血圧は下がらないという患者さんはいっぱい見てきたし、減塩して血圧の薬をやめられたというケースもほとんど記憶にない。

糖尿病の治療やダイエットが目的と思われがちな断糖肉食であるが、驚くべきはその高血圧に対する改善効果だ。降圧薬の減量や離脱に成功する例がいくらでもでてくる。(しかも短期間で)。血圧の薬は飲み始めたら一生のまなければならないという迷信も、減塩の効果のなさからきたあきらめなのかもしれません。

いかに減塩の調味料をアピールすべきかなどど番組の中でとりあげていたが、味噌や醤油などの調味料を減塩調味料にするために保存の為、どれほど化学薬品がつかわれることになるのだろうか。イギリスでは減塩にとりくんだことで医療費がさがったと放送していたが、、、本当?

生活習慣病を防ぐ目的で喫煙の次に重要なのは減塩です。と放送していましたが違います。答えはもう出ています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »